ballyifit4ucomdakota ダコタ12005143

タナトスはイシュマイルの無事を確かめてか、声を上げる。「おい、イシュマイル!バテてないで手伝え。あれをどうにかするんだ!」時計 人気

不意にタナトスは閃いた。「いや、その手があるか。」「イシュマイル、さっきの月魔石を貸せ!」「なに?」財布ダコタ

さすがに龍人族のタナトスも、口元を覆って身を守った。「…いけないな、このままではさっきの鳥たちと同じことが起こる…この辺り一帯が魔物だらけになるぞ…。」ダコタバッグ

イシュマイルは、咳き込みながらも下を覗きこんで返事をした。「どうって…どうするのさ。結晶を破壊するのか?」コルボ バッグ

「いいから!このままだと僕まで危険なんだよ!」タナトスは、手のひらをイシュマイルに向けて差し出した。イシュマイルは躊躇したが、タナトス自身までが危険という言葉に、従わざるを得なかった。財布ダコタ

周囲の路地が、白い光に照らされる。タナトスが両手を振り上げると、一面の石畳の中から、白い水霧が吹き上がった。井戸からなのか、地下水からなのか、視界が白い飛沫に覆われる。タナトスは先ほどの雷光槍とは違う動きで、全身でもって飛沫の竜巻を操った。イシュマイルのいる斜塔にも突風が吹き、イシュマイルの頬や髪にも細かな水滴が触れた。それらは建物の隙間を縫って、うねるように月魔石の方へと集まっていく。水竜巻が逆巻くように集まり、密度を増しながら月魔石をも空へ浮かせた。そして。再び一瞬の閃光と共に、音が弾ける。フィルムを切り替えたかのように、景色がまた変わった。あとには、一メートル四方ほどの白い塊、氷塊が石畳にある。「(…氷?)」イシュマイルは意味がわからず、もう一度それを見る。タナトスが手のひらを開くと、僅かな灰がそこから崩れ落ちた。この月魔石もまた、その魔力をすべて放って灰に戻ったのだ。「…ガーディアンの力はね、雷ばかりじゃない。かつては、炎、風、水、氷…と各系統にちゃんと分類されてたんだ。一般の人間にも使えるように、ね…。」http://www.bally.ifit4u.com「…。」タナトスは再び考え、呟く。「…こういう時、ノア族はどうしたって?」考え事をする時、タナトスは独り言を言う癖があるらしい。dakota ダコタ「光や風に晒すといけないんだったな。土に埋めるったってここは石畳だし…井戸に投げ込むわけにも…。」ワールドポーター

8-9、水霧
結晶体はまだ白い湯気のようなガスを放ち続けていた。そしてその質量は一向に小さくなる気配がない。ただ魔素だけが溢れ続けている。コルボとは

イシュマイルが持っていた月魔石をタナトスに投げてよこす。タナトスはそれを片手でもって受け取り、手の中に納まる瞬間に、まばゆい雷光に包まれた。ポーター リュック
関連記事:

dakota.bathshebacrystals.com-ビジネスバッグ コルボ 12064989

bally.bathshebacrystals.com-バリーバッグ12080189

bally.ifit4u.com-ブランドバリー12012959

Tags: , ,

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.