私のために戦って」リデルが笑った

「え?」「リデル。帰りましょう。私の家へ。あそこがリデルにとっての家になれば私は嬉しい」リデルの表情が変わった。時計 人気

リデルに言葉は無かった。考えているのだろう。実際に、そう言われた時に何と答えるのか、と。「でも、今は違う」miumiu 長財布 matelasse 5m0506

私では駄目なのだろうか。誰かが彼女に言ってくれれば良いのに。彼女に、彼女が自分自身を信じるに足る人だと。プラダメンズ

私は彼女に何を言えば良いのだろうか。私は彼女に何を言えるのだろうか。リデルはおだやかに揺れるリックのお腹を見ていた。アルマーニ 腕時計

何も間違っていないのだと。「今まで私を守ってくれたのはリデルだったわ。あの殺人鬼からも。あの大地の魔獣からも。私はいつだってリデルに守られてた。それはリデルにとって嫌な事だった?」タイメックス 腕時計

「聞いて。リデルがこの街に来たいって言ったのも、もしかしたら自分の居場所を探したいのかとも思ったわ。だから、私は聞くつもりだった。私がこの街を去って、あの家に帰る時に、リデルはこの街に残るの?って」タイメックス 腕時計

今までの暗く沈んだ顔、何もかもを拒絶するような雰囲気から、私が見慣れたあの今までのリデルの仕草が見える。「だって、私は、私なんですよ?」彼女は戸惑いながら、何を言っているのか良く分からない事をもごもごと呟いている。私は笑った。リデルに気を使わずに。しっかりと。「誰がなんて言っても、私はリデルを好きよ。何が出来て、出来なくても良いの。ここまで私は楽しかった。リデルは違う?」「違い、ません。私も、私も楽しかったです」湖の街のギルドでのやりとりが蘇る。牧場の街で、見た景色が。旅の途中で見た何気ない景色。食事での何気ないやりとり。「そこにいたのはあなたよ。この街の誰でもない」リデルへと手を伸ばした。「私が今、この瞬間に一番信頼しているのは貴方よ。私はリデルに守って欲しいし、リデルを私が守りたい」リデルはおずおずと、その手に触れた。「リデル。私と一緒に来て。私のために戦って」リデルが笑った。それは自然な笑顔。私が見てきたリデルの笑顔。http://www.watch.myearthpet.net「そんな事はないですけど」そうだ。ここには私しかいないのだ。リックは言葉が話せない。私が証明しないと。ポールスミス 腕時計「私も、この街に来た時に、リデルはこの街で暮らすのが一番良いのかもって確かに思ったわ」「モリーアン」miumiu 長財布 matelasse 5m0506

小さくて、震えている。「私、スルゲリさんが羨ましいです。私もモリーアンを守って死ねたら良かったのに」プラダメンズ

関連記事:

その声に、彼が振り向く

エアジョーダン

そう、マジカルエッセンス

Tags: , ,

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.