アタシが特別に作ったピーオエードよ

3-15「任務開始」
 ――――――11月30日8時51分―――残り1か月と1日、15時間9分 鉱山町タルテルドの入口前には、大勢の鉱夫と住人が集っていた。BALLYバッグ

 彼らの視線の先には、運ばれる鉱物が積み込まれた荷馬車と、それに同行する二人の町の人間と、二人の騎士の姿だ。財布ダコタ

 町長夫人から彼女が作ったというピーオエードを入れた容器を手渡される。 他にも鉱山町の人々から心ばかりの支援物資を受け取ったゼスは、頭を少し掻いた後、頷いて返した,関連記事:

http://www.abtplayground.com/wiki/index.php?title=User:Qpyiawmch#.E6.9C.80.E5.BE.8C.E3.81.AB.E4.B8.A1.E9.99.9B.E4.B8.8B.E3.81.AE.E3.81.94.E8.87.A8.E5.B8.AD.E3.82.92.E4.BB.B0.E3.81.84.E3.81.A7.E8.A9.A6.E5.90.88.E3.81.8C.E9.96.8B.E5.A7.8B.E3.81.97.E3.81.9F

財布ダコタ

 無論、ゼスとシェリーだ。 彼らは全ての鉱物を積み終えた後、見送りに出てきた町長と挨拶を交わしていた。ヘッドポーター

 特に騎士への注目が多い。鉱山町の大半の女性達は銀髪の男性騎士に熱い視線を注ぎ、多くの鉱夫は美しく佇む女性騎士を滅多にない目の保養として扱っていた。アルマーニ 腕時計

「これお前達! きちんと鉱物を聖都に届けるんじゃよ,関連記事:

http://sienabayes.sisypheanturtles.com/activity/p/2937/

!」「任せて下さいよ、おやっさん!」「りょーかい!」 応えたのは荷馬車を引く馬を御する中年の男性御者と、軽く陽気な性格をした若い男性鉱夫の二人だった。 彼らはゼス達が護衛だけに集中できるようにと町長が手配した、荷馬車の制御と鉱物の専門知識を有する者達だ。「それから、騎士様の指示にはきちんと従って、迷惑をかけんようにするのじゃよ!」「へいへい、分かってますって♪」 鉱夫の若者が軽い返事をすると、町長は苦笑だけで済ましたのだった。 今度は、ゼス達が泊まった宿の主人と女将がやってきて、詰めるだけの食料を荷馬車に積みこんでいく。それが終わると、シェリーの前に挨拶をしに来た。「昨晩はよく眠られましたでしょうか?」「え、ええ。まぁそれなりです」http://www.bally,関連記事:

http://jx-meorient.vicp.cc:88/plus/view.php?aid=3825

.myearthpet.net「それでは、任せてくださった鉱物は責任を持って聖都へと送り届けますので」 丁寧に町長の頼みを請け負うシェリーは、出発前の一言を伝えた。PORTER バッグ 町長は鷹揚に構えて返す。「うむ。お二人とも、道中気をつけてな」「はいこれを。アタシが特別に作ったピーオエードよ。さっぱりとした味わいと疲れを癒やすピーオの果実を飲料水にしたものよ。休憩する時に皆と一緒に飲んでらっしゃいな」Bz ポーター

「勿論だ」 それだけゼスは答えると、素早く荷馬車に容器を置きに向かう。 シェリーと一通り段取りを確認し合った町長は、町からの同行者二人に檄を飛ばした。コルボ バッグ

「すまないな。有効利用させてもらう」「いえいえ。アタシ達はこれだけしかできないけれど……頑張ってらっしゃいね」dakota ダコタ

Tags: , ,

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.