でも楽しいわ」「いえ……そんな、何でも似合うなんてことは……

 おやすみのキスをすることも、されることも。 ……なくなった。「アルちゃん、アルちゃん! こっちのお洋服も素敵じゃない? ああ、アルちゃんは何でも似合っちゃうから選ぶのが大変ね! でも楽しいわ」「いえ……そんな、何でも似合うなんてことは……。私、今までは白っぽい服しか着たことがないし……」「あら! じゃあなおさらカラフルなの着なきゃ! 若いうちよ、おしゃれを思いっきり楽しめるのは!」http://www.hamilton.picturerent.com ――ねぇ、栄。聞いてもいいかな。「ね……栄。私、わたしは……」 ゆっくりと栄の視線が私の顔に戻ってきた。何を聞かれるのかと、何を言われるのかと、少し怯えているような目。栄はその目でたくさんのことを語る。彼が気づかないうちに。ハミルトン 腕時計 人気 だからやめた。聞かないほうがいい、聞くことなんてできなかったんだもの、最初から。「ごめん、何でもないの。……おやすみなさい。また明日ね」ハミルトン 店舗

「……うん、また明日」 そう言って床に置いてあった勉強道具を持ち、障子を閉めて去っていった。 私は彼の足音が遠ざかっていくのを、布団の上に座り込んだまま耳を澄まして聞いていた。もう寝ているだろうお父さんお母さんに気を遣って、出来るだけ音を立てないようにゆっくりと階段を上っていく音。聞こえなくなるまでじっとして、そしてようやく息を吐いた。ハミルトン島

 今度こそちゃんと微笑んで言えたと思う。「おやすみ」って、大切に言えた。 栄は少し眉を寄せて、何かを言おうと身を乗り出したけれど、ふっと目線を彷徨わせた後で曖昧に笑って言った。高級腕時計

「手伝うよ」「あ、いいの、ひとりで出来るから。栄は早く寝て? 明日もお仕事でしょう?」 栄がどんな表情をしているのか見ることもできないまま、私はそう言った。なんでもないように、押入れの襖に手を掛けて、てきぱきと布団を取り出す。シチズン エコドライブ

 栄は、変わった。 私の頭を撫でることがなくなった。 隣に座ることも。 すぐ近くで並んで歩くことも、手を繋ぐことも。ディーゼル 腕時計

 気配で栄が迷っているのが分かった。立ち尽くしたまま、どうしたらいいか考えあぐねているのが。私がひとりで布団を下ろし、シーツを伸ばし始めた頃、立ったままだった栄が、ぽつりと呟いた。腕時計 レディース

 上手く笑えたかどうかわからない。ただ、栄が大きく目を見開いてたじろぐのが見えた。何か言おうと口を開くのに、戸惑うようにまた閉じて、目線が逸らされた。高級腕時計

「……うん、じゃあ、おやすみ」 私は座り込んでシーツを整えていた手を止め、栄を見上げた。「うん、おやすみ」シチズン腕時計

関連記事:

シドニーハミルトン

「なんでアラブなの

コイツはただの馬鹿だ

Tags: , ,

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.